保証人不要システム

賃貸住宅の保証人不要システムとは? オーナー様の場合

問題点

  1. 家賃滞納時、連帯保証人に家賃の支払いを交渉しても、遠方の場合連帯保証人は、連絡がとりづらく、話もなかなかできない。
  2. 万が一滞納されると賃料が入金されない。
  3. 夜逃げ、訴訟へ発展した場合の金銭を負担しなければならない。

保証人システムにより解決

  1. 家賃の入金は、保証会社がいたしますので、オーナー様には毎月決まった家賃が入金されます。
  2. 入居者様への家賃回収交渉サービスを保証会社が代行します。
  3. 滞納・夜逃げ・訴訟といった賃貸経営の予測困難な大きなリスクを回避。夜逃げされた際、費用を負担することなく残置物の撤去・保管まで保証会社が行います。

賃貸住宅の保証人不要システムとは? 入居者様の場合

連帯保証人の問題点

  1. 少子化高齢化により、連帯保証人になる人間がいない。
    親は年金生活、兄弟はいないので連帯保証人を頼める人間がいない。
  2. 親戚はいるものの、遠方の為親戚に印鑑証明書類等、連帯保証人は頼みづらい。
    賃料10万円で2年契約だと240万円の金銭の連帯保証人をお願いするようなもの。
  3. 住宅ローンは組めるが、保証人の問題で賃貸住宅の審査には通らない事がある。

保証人システムにより解決

  1. 賃貸借契約時の連帯保証人探しが不要になります。
  2. 保証人との書類のやりとりをなくしても申し込みからスピード審査により即回答。
  3. 高齢になった親戚に印鑑証明書類等の取得の手間を依頼しなくても部屋が借りられます。
  4. 自分の信用でお部屋が借りられます。

お問い合わせ